商品情報にスキップ
1 / 1

サノバスミス

Son of the Smith Hard Cider “PICKERS’ DELIGHT”

通常価格 ¥1,144 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,144 JPY
セール 売り切れ
税込
容量

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

商品名:Son of the Smith Hard Cider “PICKERS’ DELIGHT”  /  サノバスミス ピッカーズディライト
生産者:サノバスミス
生産地:長野県
タイプ:ホップサイダー / Hopped Cider
りんご:シナノスイート, 浅間クチーナ, 紅玉, グラニースミス, Dabinett, Porter’s Perfection Porter’Perfection
アルコール度数:7%
Yeast:British Ale yeast with β‑lyase biotransformation
With:Homegrown Cascade and Zappa
保存方法:要冷蔵


◆生産者資料
▼Story
PICKERS’ DELIGHTは、生食品種をベースにイギリス系醸造用品種を混合させ醸造したホップサイダー。 
イギリス系醸造用品種由来の程良いタンニンのボディを下地にして、キレ良いシャープな果実味を含み、華やかで甘い香りを放ちます。重なり合う果実味の優しさ溢れる奥深さ・バランス良い香気をお楽しみいただける、非常にフレッシュで口当たりが心地良い、ドリンカブルなパーティサイダーです。
現代の日本のリンゴ農家は、構築された日本的栽培形態・流通形態の中で生食用品種を中心に多品種を生産しています。
産業の勃興から百数十年を経る過程の中、多くの先駆者によって、美味しい物づくり・より良い未来のための技術向上や産業革命が図られてきました。僕らもまた同じように、止まない自然災害や環境変化など様々な事象の中で、次の世代に対し技術や品種や畑・農業文化を残していかなければなりません。
PICKERS’ DELIGHTは、こうしたリアルで日常的な農産物生産の現場において「日本的ハードサイダーの標準」を示す次世代型課題解決策の一案です。
夏には夏の、秋には秋の。季節の色合いや自然環境と共にある果樹園の旬。8月から11月末まで続く品種の収穫リレー。PICKERS’ DELIGHTは、こうした畑の旬の色合いを溶け込ませながら、僕らが日本で生きる果樹農家であり続けるということを表現し、そして、次世代に向け残していきたい日本的リンゴ産業のもう1つの形を表現します。

I said a hip hop the hippie the hippie
To the hip hip hop and you don’t stop
The rock it to the bang bang boogie
Say up jump the boogie to the rhythm of the boogie, the beat

SugarHill Gangが奏でたRapper’s Delight。HipHop史上初の美しくて意味深い押韻。心地良い押韻がまとうフローのように、この理念が日本のリンゴ産業や皆様の日常により深く溶け込んでいくことを願って。


▼Brewer's Note
本バッチは、醸造専用品種「Porter’s Perfection」と酵母の活性化により、新しいアロマやフレーバーが発現する「バイオトランスフォーメーション」を組み合わせたホップサイダーです。

 ホップは、植物研究者のトッド・ベイツがニューメキシコ州で発見した野生ホップから選抜育種し、カウンターカルチャーの象徴であるフランク・ザッパの名を冠したneomexicanus種のZappaと、自社圃場産カスケードを使用。β‑lyase活性によりカスケードのシトラス香が強調され、Zappaのパッションフルーツやミント、紫のような香りが混ざり合います。フランク・ザッパの名盤『Watermelon In Easter Hay』のような複雑な味わいを目指しました。

 PICKERS’ DELIGHTは、季節に応じて収穫する生食リンゴ品種を使用するというコンセプトですので、同じものが存在しないのが魅力の一つでもあります。夏には太陽光受光の高い真夏の品種を、秋には寒暖差より熟度がもたらされた晩秋の品種を。季節ごとの酸味の強さや香気成分の絶妙な違いをお楽しみいただきながら、“農産物としてのハードサイダー”を今後とも長くご愛顧いただければ幸いです。