商品情報にスキップ
1 / 1

ファットリア・アルフィオーレ

モモ 2022

通常価格 ¥3,500 円
通常価格 セール価格 ¥3,500 円
セール 売り切れ
税込
容量

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

商品名:モモ 2022 / momo 2022
生産者:ファットリア・アルフィオーレ
生産地:宮城県
タイプ:泡、ロゼ
品種:マスカットベリーA主体、セイベル
アルコール度数:10.5%


ファットリア・アルフィオーレのNECOシリーズです。
日本アイデンティティである、マスカットベリーAを主体にトロピカル感全開のセイベルをブレンド!

◆生産者資料
momoというワインの私たちなりの定義は、日本で品種改良されたマスカットベイリーAに、白ぶどうをミックスしたロゼのスパークリングワインです。

2021年は、若き3名の農家さんのぶどうで仕上げましたが、2022年は、その御三方の中でも、山形県上山市の秋葉 陽輔さんのぶどうだけで仕込みました。
秋葉さんは、農家さんの中でも特にワインぶどうへのこだわりが強く、謙虚で柔和なお人柄ですが、ぶどうに対しては研究熱心な勉強家で、「そんな秋葉さんのぶどうだけでワインを造ってみたい」という思いから、今年のmomoは秋葉さんのフィールドブレンドに仕上がりました。

いちごのような果実味がしっかりとしたマスカットベイリーAを主体に、南国のフルーツ感満載のセイベルをブレンドしております。
セイベルというぶどうは、大変繊細で、酸化にとてもシビアなぶどうです。そこで、今年は、マセラシオンカルボニックという嫌気性発酵を用いて、通常一週間で留める技法を、発酵終了まで保ちました。これが大正解。ジューシーでトロピカルさ全開のセイベルの顔を表現できたと思います。
そこに、数日間醸したマスカットベイリーAをブレンドして、瓶内1次発酵(ペティアン・アンセストラル)で詰めました。

モモを飲みたくなるような夏の暑い頃までには、ジューシーな果実味が表に出て、より一層お楽しみいただけるかと思います。
ぶどう生産者のお人柄を体現するような、繊細さとストイックさを兼ね備えた、秋葉さんらしい仕上がりのmomo。
ぜひ、秋葉さんを思い浮かべながら、このワインを楽しんでいただければ幸いです。