商品情報にスキップ
1 / 1

リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン

トロッセン・セッコ トロッケン 2021

通常価格 ¥4,180 円
通常価格 セール価格 ¥4,180 円
セール 売り切れ
税込
容量

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

商品名:トロッセン・セッコ トロッケン 2021
生産者:リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン
生産地:ドイツ / モーゼル
タイプ:泡、白
品種:リースリング、ミュラー・トゥルガウ、カベルネ・ブラン
アルコール度数:10.5%


カジュアルで夏の野外にはぴったりのジューシー&ピュアなスパークリング。
軽く繊細で澄んだ 果実味と微炭酸が生き生きとして優しく、飲んでいて楽しくなるワイン。(残糖18g/L, 総酸度6.7g/L)
(インポーター資料より抜粋)

------------------------

▼リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン(生産者ワイン一覧)

ドイツ国内よりも国外にファンの多い家族経営の生産者。
15歳の頃から世界の行く末を案じていたルドルフは、答えを探し求める過程でルドルフ・シュタイナーの思想に出会う。
1978年に23歳でリタと結婚した年に父が事故で亡くなり、醸造所を継ぐと同時にバイオダイナミクス農法を導入。
ドイツ初のワイン生産者による全国規模の有機農法団体エコヴィンEcovinを1985年に設立するなど、ドイツワインの有機農法を実践する生産者の草分け的存在のひとり。

醸造所とモーゼル川を挟んで対岸にあるキンハイム村の背後に広がる斜面に2.5haの葡萄畑を所有している。
土壌は主に灰色と青色の粘板岩で、収穫は毎年世界各地から手伝いに来る人々と和気藹々と行う。
醸造は伝統的なフーダー樽、ステンレスタンクと使い古したバリック樽を使い、野生酵母で発酵。
2010年から亜硫酸無添加醸造の「プールスPurus」シリーズを造り始め、以前にも増してファンが増えつつあるが、二人の息子達は別の職業についていて醸造所を継ぐつもりはなく、ルドルフもこれ以上規模を大きくするつもりはないという。
「葡萄が育った場所の味がする自然なワイン」を目指している。
(インポーター資料より抜粋)