商品情報にスキップ
1 / 1

清澄白河フジマル醸造所

ブドウトイキル 2021

通常価格 ¥2,310 JPY
通常価格 セール価格 ¥2,310 JPY
セール 売り切れ
税込
容量

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

商品名:ブドウトイキル 2021
生産者:清澄白河フジマル醸造所
生産地:東京都
タイプ:白
品種:デラウェア
アルコール度数:11%


パインの様な果実味とチャーミングな酸味が心をくすぐる!出来立てヌーヴォー!

◆生産者資料
2020年の仕込みからデラウェアを分けて頂いている、ネオ兼業農家ユニット"ぶどうと活きる"さん。山形市本沢地区の若者たちが、故郷のぶどう畑の風景を残したい、と、跡継ぎのいない畑を受け継いだり、高齢農家さんの畑を手伝うことでワイン用ぶどうを栽培しています。平日はそれぞれのお仕事をしつつ、仕事の前後や休日に心を込めて畑を手入れし、質のいいぶどうを届けてくださいます。
昨年に引き続き、今年も新酒は彼らのぶどうで仕立てました。様々な人が、様々な形で関わりあって一つのワインが仕上がっていく。そんなイメージでラベルも新しく作ってみました。
2021年は夏の日照が少なく、収穫期の長雨の影響もあって栽培は難しかったとのこと。確かに糖度はやや低めで、病果を落とした房の形には苦労を感じ取るものでした。しかし、残った果実は健全そのもの。果汁を搾ると、山形らしいチャーミングな酸、パインアメのような明るい果実味、余韻にはキャラメルのようなこっくりとした甘みも。何も加えず、ゆっくり自然体で発酵させると、昨年よりも優しい雰囲気のワインになりました。これに、活き活きと楽しいワインをイメージして、青リンゴのような香りと強い酸が特徴的な青デラのワインをブレンドして仕上げました。青デラは、完熟前の酸味の強いデラウェアのことで、こちらも「ぶどうと活きる」さんに頂いたものです。
新酒なので、さっそく飲んで若々しさ、粗削りで明るい雰囲気を楽しんで頂くのはもちろん、低温で保管ののち、半年後、1年後により成熟した姿を見ていただくのもいいのではと思っています。2021年の味をどうぞお楽しみください!