【今週の海外ワイン入荷情報】ドメーヌ・ボールナール

【今週の海外ワイン入荷情報】ドメーヌ・ボールナール

生産者:ドメーヌ・ボールナール
生産地:フランス / ジュラ

遅咲きのデビュー!でもワインの実⼒は、かのピエール・オヴェルノワも認める!
現オーナーであるフィリップ・ボールナールは1975年、ピュピランのワイン農協で醸造を担当する。彼は若い頃からヴィニョロンになることをあこがれていたそうだ。
畑仕事が過度に忙しくなったため、1988年に農協の醸造責任者を辞めブドウ農家一本に専念する。この頃から、ブドウを農協に売る⼀⽅で、毎年家庭消費⽤に⾃らのブドウで少量のワインをつくっていた(これが後にピエール・オヴェルノワの⽬にとまる)。
2005年にドメーヌ立ち上げ、現在は、12.5haのブドウ畑で自らのワインを仕込み生計を立てる。
昔からピエール・オヴェルノワをはじめマルセル・ラピエール、フィリップ・パカレと交友があり、フィリップがワインの農協で働いている時から、彼らのワイン哲学に多⼤なる影響を受けているとのこと。今後は、ピエール・オヴェルノワの醸造理念を⾒習い、全てのワインをゼロSO2で醸造できるよう、現在模索中である。(⼀部のワインはすでにゼロ SO2である。)
(インポーター資料より抜粋)



「レ・ゴードレット ・トロワズィエム・ティラージュ 2018」
750ml 7,700円(税込)

透明感とギッシリのミネラル。フードルで発酵熟成。

品種:シャルドネ
樹齢:31年
土壌:石灰質・粘土質
マセラシオン:なし
醗酵:自然発酵で1ヶ月
熟成:フードル24hLで24ヶ月
マリアージュ(生産者):牡蠣のコキーユ、鯛のアクアパッツァ、コンテチーズ
ワインの飲み頃:2023年~2033年供出温度:9℃

▼テイスティングコメント
色合いは透明感のある淡いレモン色。梨、黄リンゴ、アカシア、バニラの香り。ワインはピュアかつ滑らかで、透明感のあるエキスに塩気のあるミネラルがぎっしりと詰まっていて、じわっと口に広がる重心の低い酸が味わいに深みを与える!

▼備考
収穫日9月11日と1番目、2番目よりも1週間遅い!2018年は豊作で収量は45 hL/ha!この年のゴードレットは3回に分けて仕込んでいて、1回目がステンレスタンク、2回目は樽だったのに対し3回目はフードルで発酵熟成を行っている!Les Gaudrettesは畑の区画名。SO2無添加!ノンフィルター!
(インポーター資料より)