【今週の海外ワイン入荷情報】ドメーヌ・ガングランジェ

【今週の海外ワイン入荷情報】ドメーヌ・ガングランジェ

生産者:ドメーヌ・ガングランジェ
生産地:フランス / アルザス

オーナーであるジャン・フランソワは、⽗がブドウ栽培農家だったので、物⼼ついた時から⽗の仕事を⼿伝っていたという。醸造の学校を卒業して1990年に父の後を継ぐ。1996年に従兄弟のシュレールの影響でビオの農法に⽬覚め、再びビオを学ぶために学校に通う。翌年の1997年は、マルセル・ダイス、ジェラール・シュレール、トリンバッハ等が集まるビオディナミの勉強会へ参加し、それ以降畑の農法にビオディナミを取り⼊れることとなる。
1999年、⽗の完全な引退と同時にドメーヌ・ガングランジェを起ち上げ、⾃らのワインを作り始める。同年、エコセールの認証、そして、2001年にデメテールの認証を取得し現在に⾄る。
畑の仕事にビオディナミを積極的に取り⼊れ、⼟壌とブドウの樹にとっての最⾼のバランスを常に追い求める。もちろん畑だけではなく、瓶詰タイミングなどの醸造⾯にもおよぶ。アルザスの伝統⼤樽「フードル」でワインを仕込み、天然酵⺟、酸化防⽌剤も最⼩限に抑えられた、いわば⾃然派タイプのワインを作る。
(インポーター資料より抜粋)



「アルザス・リースリング 2020」
750ml 4,400円(税込)

ライム、シトラス、ヴィヴィッドな酸。旨味とミネラルもタイトで長熟しても良さそう。

品種:リースリング
樹齢:40年~54年
土壌:泥状石灰質
マセラシオン:なし
醗酵:自然酵母で14ヶ月
熟成:セメントタンクで15ヶ月
マリアージュ(生産者):サーモンのリエット、シュークルート、マンステールチーズ
ワインの飲み頃:2023年~2033年供出温度:9℃

▼テイスティングコメント
色合いは透明感のある淡い黄金色。ライム、シトラス、カシューナッツ、タールの香り。ワインはヴィヴィッドではっきりとしたストラクチャーがあり、透明感のあるダシのようなエキスを柑橘系のフレッシュな酸、筋肉質なミネラルがタイトに引き締める!

▼備考
収穫日は9月11日とブドウが早熟だった!収量は65 hL/haと豊作に恵まれた!残糖は1.3g/Lの辛口!2020年はフードルに入り切らないほど豊作だったのでフードルではなくセメントタンクで仕込んだ!畑名はレーシュンベルク。100%石灰質土壌から生まれるワインは、ミネラルのキメが細かく酸にフィネスがある!SO2無添加!ノンフィルター!
(インポーター資料より)



「アルザス・ピノブラン・レゼルヴ 2020」
750ml 4,620円(税込)

レモン、リンゴ、梨、白い花、フュメの香り。シャープな辛口でみずみずしい。今、飲み頃!

品種:ピノブラン
樹齢:47年平均
土壌:グレ・ローズ(ピンクの小石)混じりの石灰質
マセラシオン:なし
醗酵:自然酵母で3ヶ月
熟成:25hLのフードルで12ヶ月
マリアージュ(生産者):アサリの白ワイン蒸し、ヒラメのポワレ、シェーヴルチーズ
ワインの飲み頃:2023年~2033年供出温度:9℃

▼テイスティングコメント
色合いは透明感のある青みがかったレモン色。黄リンゴ、梨、白い花、フュメの香り。ワインはピュアかつヴィヴィッドではっきりとした輪郭があり、昆布ダシのようなエキスにチョーキーなミネラルとフレッシュな酸が溶け込む!

▼備考
収穫日は9月7日とブドウが早熟だった!収量は65 hL/haと豊作に恵まれた!残糖は0.2g/Lの完全辛口!畑名はRuest(リュスト)というグレ・ローズよりも石灰を多く含んだ土壌で、通常のピノブランよりもミネラルが豊富なのが特徴!SO2無添加!ノンフィルター!
(インポーター資料より)



「アルザス・オーセロワ 2020」
750ml 4,070円(税込)

初リリースワイン!何層にも旨味が増していく風味。

品種:ピノオーセロワ
樹齢:35年平均
土壌:泥状石灰石
マセラシオン:なし
醗酵:自然酵母で3ヶ月
熟成:20hLのフードルで12ヶ月
マリアージュ(生産者):ホワイトアスパラのオランデーズソース、タルトフランベ、ムールマリニエール
ワインの飲み頃:2023年~2028年供出温度:9℃

▼テイスティングコメント
色合いは透明感のある青みがかったレモン色。レモン、ヴェルヴェンヌ、アーモンド、エシャロットの香り。ワインはピュアかつ滑らかでみずみずしく、透明感のあるエキスにダシのような旨味が詰まっていて、線の細いシャープな酸がアフターをじわっと引き締める!

▼備考
収穫日は8月28日とブドウが早熟だった!収量は65hL/haと豊作だった!区画名はMeleweg(メルウェグ)という小さな畑で、例年だとピノブランにアッサンブラージュされるが、2022年は豊作だったのでピノオーセロワ単独で仕込んだ!残糖は0.7g/Lの完全辛口!SO2無添加!ノンフィルター!
(インポーター資料より)



「シャンガラ 2022」
1000ml 4,400円(税込)

生産者の入門編であり、がぶ飲みワイン!
ピュア&フレッシュでエキスたっぷり。

品種:ピノブラン40%、その他の全ての白ブドウ品種のプレス60%
樹齢:49年平均
土壌:グレ・ローズ(ピンクの小石)混じりの石灰質・粘土質
マセラシオン:なし
醗酵:自然酵母で2ヶ月
熟成:25hLのフードルで8ヶ月
マリアージュ(生産者):根セロリのクリュディテ、キッシュロレーヌサントモールチーズ
ワインの飲み頃:2023年~2033年供出温度:7℃

▼テイスティングコメント
色合いは透明感のあるレモン色。ライム、シトラス、西洋菩提樹、カシューナッツの香り。ワインはピュア&フレッシュでクリスピーな軽快さがあり、透明感のあるふくよかなエキスに、塩気のあるミネラル、爽やかな酸しっかりと溶け込む!

▼備考
収穫日は8月28日~9月23日とブドウが早熟だった!収量は50hL/ha平均と豊作だった!残糖0.2g/Lの完全辛口!キュヴェ名の「シャンガラ」はアルザス語でジャンのことを示し、ピノブランと各品種のプレスの最後の澱混じりのジュースをアッサンブラージュし仕込んでいる!SO2無添加!ノンフィルター!
(インポーター資料より)