【今週の入荷日本酒情報】

【今週の入荷日本酒情報】

今週の入荷情報をまとめて紹介!

◆越後鶴亀から越弌ブランドの純米大吟醸酒『越後鶴亀 越弌 純米大吟醸』入荷!
◆笹祝酒造からフレッシュでありのままの酒『笹祝 特別純米酒 しぼりたて生原酒』入荷!
◆渡辺酒造店から新酒搾りたて『根知男山 雪見酒 2021』入荷!
◆河忠酒造から進化系大辛口『想天坊 大辛口 磨き60』入荷!
◆稲とアガベ醸造所から全量麹のお酒『CRAFT 稲とこうじ ササニシキ 01』入荷!
◆せんきんから昨年のビンテージを使用の貴醸酒『仙禽 オーガニック・ナチュール W 2021』入荷!
◆佐久の花酒造から新酒をそのまま直汲み『佐久の花 自家水田米 純吟無濾過生原酒 直汲み』入荷!
◆冨田酒造から木桶で仕込んだ酒『七本鎗 木ノ環 木桶仕込 生原酒』入荷!
◆酔鯨酒造から『酔鯨 純米大吟醸 しぼりたて 冬びより』『酔鯨 純米大吟醸 寅』入荷!
◆鯉川酒造からシリーズ第三弾『鯉川 あたためますよ。』入荷!


越後鶴亀

『越弌 純米大吟醸』 720ml 1,980円(税込)

大人気、越弌の純米大吟醸が新作リリース!
リンゴ、洋ナシ、グレープフルーツ、桃など、色んな果実香が広がります。
ビシッと締まりのある酸味と旨味があって爽やか!余韻まで持続するアロマ。
よく冷やしてお楽しみください。

◆生産者資料
杜氏の横田伸幸氏が使いたい酒米とイメージした味を追求して作る越弌ブランド。
米のポテンシャルを最大限に引き出し狙い通りの味を再現するためにモロミ総米を600kgと最小限の小仕込みに抑え無濾過、中取り、瓶火入れで仕上げております。
精米技術の向上により不可能と言われた40%まで磨いた五百万石を使用。
落ち着きのある酸、新鮮かつナチュラルな味わい、リンゴや洋ナシのような香り、芳醇な甘味が広がります。またアフターの透明感を感じながらすべてが一つとなり消えてゆくニュアンスをお楽しみください。


笹祝酒造

『笹祝 特別純米酒 しぼりたて生原酒』 1,800ml 3,080円(税込) 720ml 1,540円(税込) 180ml 407円(税込)

笹祝がフレッシュタイプが唯一味わえる酒。
この蔵の生酛や濁りも好きですが、しぼりたても良いです!

◆生産者資料
新潟産五百万石を使用した特別純米酒のしぼりたてです。
秋に収穫された新米を使い、初冬に仕込んだお酒を「無濾過・生酒・原酒」のまま瓶詰め出荷。
手塩にかけた日本酒。その最初の一本を飲む瞬間は蔵人にとって何物にも代えがたい喜びです。フレッシュで無垢、ありのままの味わいをイメージし見た目は極力シンプルなものにしました。


渡辺酒造店

『根知男山 雪見酒 2021』 1,800ml 3,630円(税込) 720ml 1,815円(税込)

周りを山々に囲まれた根知谷だからこその、豊富な雪解け水。
清らかな水で仕込まれ、澄んだ空気までを詰め込んだ様なでロワールを反映した新酒の地酒です。

◆生産者資料
原料米:2021年根知谷産 五百万石 一等米 
毎年恒例、根知男山の新酒搾りたて「雪見酒」です。
自社栽培の根知谷産五百万石を新米で仕込んだ今年最初の新酒となっています。2021年の根知谷産五百万石の出来は近年にない高品質です。
新酒のフレッシュな味わいを是非お楽しみ下さい。


河忠酒造

『想天坊 大辛口 磨き60』 1800ml 2,178円(税込) 720ml 1,089円(税込)

辛口好きはコレ!キレッキレです。

◆生産者資料
契約栽培「高嶺錦」を100%使用した進化系大辛口!
想天坊ブランドの発売20周年を記念して、一番人気の定番酒「大辛口」に拘りの契約栽培米「高嶺錦」を100%使用し、仕込みをグレードアップした「高嶺錦 磨き60」を限定蔵出します。
普段飲み「大辛口」の特別バージョン、ちょっと贅沢な味わいをお届けします。


稲とアガベ醸造所

『CRAFT 稲とこうじ ササニシキ 01』 720ml 3,300円(税込)

早くも新作リリース!
今回は「全麹」がテーマ。お酒を発酵させるエンジン的な役割の「麹米」。
これは通常2割程しか使わないのですが、米麹10割で仕込んだ変化球酒!
麹の香り(栗っぽい香り)と自然な甘みに酸味を立たせ、爽やかさU P!
NEWスタイルの酒です!

◆生産者資料
全部麹と水で作った全麹のお酒です。

掛米を入れないといけない清酒免許で造る「ほぼ全麹」ではなく、本家本元の全麹酒となります。
甘味と酸味のバランスとボディ感がありながらしっかり切れることを意識して作りました。
エキスの強いイメージの全麹酒ですが、爽やかに飲めるように麹づくりを工夫しております。


せんきん

『仙禽 オーガニック・ナチュール W 2021』 720ml 2,300円(税込)

貴醸酒タイプのナチュール!
アルコール度数が低く、「こんな綺麗な貴醸酒ある?」とびっくりします!
蜂蜜を連想する甘美な風味と透明感ある酸味。
食後のリラックスタイムに至福の時間を。

◆生産者資料
仙禽の「オーガニック・ナチュール」から「W」の新酒が登場です。
今シーズンは他のアイテム同様、アルコール度数を14%(原酒)まで下げ、貴醸酒でありながら圧倒的なクリア感を手に入れる事に成功しました。
この貴醸酒は仕込み水の代わりに昨年のビンテージのナチュールを使用しています。
ここまで自然に振り切った貴醸酒はないはずです。仙禽のナチュールに対するこだわりと愛情の結晶であります。
ここ数年、「無農薬米」と「生酛」そして酵母を添加しない蔵付き酵母と向き合ってきました。さらに新しい木桶を導入し、ますます江戸時代の「EDO STYLE」を踏襲していきます。

◆仕様
仕込み水の代わりに昨年のビンテージのナチュールを使用・超古代製法・酵母無添加・蔵付き酵母・木桶仕込み(新木桶)・生酛酒母・無濾過原酒



佐久の花酒造

『佐久の花 自家水田米 純吟無濾過生原酒 直汲み』 1,800ml 2,860円(税込) 720ml 1,650円(税込)

スペックDの新酒ver.!
綺麗な吟醸香で女性ファンも多いです。

◆生産者資料
佐久の花の直汲みは「佐久の花 純米吟醸」の上槽時に出てくる新酒をそのまま瓶詰したものです。

しぼったばかりの酒を直接詰めているため炭酸ガスがからんでおります。
例年よりガス感が強く、味わいにふくらみがありながら味引けが良く、切れの良い酒に仕上がっています。


冨田酒造

『七本鎗 木ノ環 木桶仕込 生原酒』 720ml 1,760円(税込)

滋味ある味わいと余韻。
派手な酒ではなく、新しい技術をしっかりと取り入れたクラシック。
日本酒の文化的価値を感じる一本。七本鎗と木桶、相性良いです!

◆生産者資料
木桶由来の木のニュアンスと、酸味、甘味のバランスがよくなるように仕込みました。

出来上がったお酒は、木桶感は軽めではあるものの存在し、軽やかな甘みがありますが単調にならずに、良いバランスに仕上がりました。

▼木ノ環(きのわ)とは
酒蔵には、建物をはじめとして、古い道具や昔ながらの技術など、長年受け継がれてきたものが多く存在します。その中でも木桶に関しては「酒蔵で使われた木桶が、味噌・醤油蔵に」という循環が一つのカタチとしてありました。
しかし酒蔵が木桶より扱いやすい琺瑯タンクに切り替えていったことにより、昭和中期にほとんど姿を消してしまいました。
次々と新しい価値やモノが生まれてくる時代だからこそ、あえて今、長年受け継がれてきた伝統や技術に光を当て、価値を見直し、次世代へと環(めぐ)らせていきたいと思います。
このような木を軸にした輪、そして循環、環り(めぐり)という想いを込め、「木ノ環(きのわ)」と名付けました。ラベルは、木や稲のイメージのある落ち着いた黄色をベースにして、木桶の箍のモチーフを入れております。


酔鯨酒造

『酔鯨 純米大吟醸 しぼりたて 冬びより』 720ml 1,980円(税込)

爽やか辛口好きはどうぞ!お刺身にバッチリです。

◆生産者資料
冬の限定酒。福井県産五百万石を50%まで精米。純米大吟醸らしさを重視し、2種類の酵母をブレンドすることにより華やかな吟醸香を演出しておりますが、「しぼりたて」らしいすっきりした味わいに仕上がっております。料理との相性も抜群の一本です。


『酔鯨 純米大吟醸 寅』 720ml 2,750円(税込)

通常の酔鯨(さっぱり爽やか!)ではなく、
芳醇な旨味タイプ。お肉料理にもgood!

◆生産者資料
酒米に「雄町」を使用しており、酔鯨が伝統とする「食中酒」としての製法で特別な純米大吟醸に仕上げました。

酔鯨独自製法によるエッジの効いた「酸味」と「雄町」由来の濃醇さがもたらす「優しい後口」が特徴です。また純米大吟醸が兼ね備える上品さから、様々なお料理とも相性が良く、ローストビーフなどの旨味のある肉料理ともお楽しみ頂けます。


鯉川酒造

『鯉川 あたためますよ。』 1800ml 2,970円(税込) 720ml 1,705円(税込)

しっぽり熱燗が美味しい季節。
ぬる燗くらいにして、鍋と合わせたら最高です。

◆生産者資料
燗酒商品『鯉川 あたためますよ。』の第三弾。
酒米に亀の尾を使用し、精米歩合55%のお酒をブレンドした、芳醇でお燗に向くお酒です。
数量限定で今回のみの特別価格商品となっております。